新亜光学工業株式会社が国内外で認められている理由とは?

>

社員は世界で活躍できるために語学力や文化を高めている

外国語や文化を学んでいる

新亜光学工業株式会社は香港や韓国に自社工場を設けているうえ、太陽光パネルの製造や開発の目的でシンガポールの企業との連携をしています。他にも光学製品の取引先として、長年海外企業との接点もあります。

各所で勤務をするには、その土地に合った語学や文化を学ぶと大きな武器になります。新亜光学工業株式会社は、日頃から海外に技術を拡めるための仕事をしています。そのうえで、社員は時間を見つけて語学教室に通うなどで自主的に学びの時間を設けている人もいるようです。

技術を得るために、海外企業とのコミュニケーションを欠かしていません。時には自社のスキルを提供していますが、企業同士でwin-winになれる関係づくりをしています。

外国での仕事先や取引先は何処?

新亜光学工業株式会社は香港や韓国に自社工場を設けており、日本人の社員も現地で仕事を行います。現地で勤務をする外国人の社員は、技術を高めるために余念がありません。その分、作業のこと以外に市場で広まっている精密機器の情報提供もしています。時には外国人の社員からアイデアも出ますが、積極的に汲み取り場合によっては自社の製造や開発に活かしています。

カメラ製品やケーブルなどの精密機器を製造していますが、取引先は海外にも多くあります。長年の付き合いがあることも、信頼の高さを伺えます。太陽光パネルの製造もしていますが、その技術が高いシンガポールの企業は提携先の1つです。また、営業スタッフが定期的に情報交換をしており、時には現地で仕事をする機会もあります。


この記事をシェアする

このページのトップへ