新亜光学工業株式会社が国内外で認められている理由とは?

>

お客さんに商品を届けるまで妥協をしない

輸送まで自社で行う

デリケートな精密機械は衝撃や温度管理の間違いのようなミスが起これば、故障の原因となりかねません。その分、品物を交換したり場合によっては再度製造のし直しとなります。時間のロスが発生してしまい、お客さん以外に製造に携わる社員にもマイナスとなりかねません。

そのため、新亜光学工業株式会社は輸送を自社の社員でしています。国内外の企業へ、主に車両や船舶を用いて届けます。定期的なトラブル予防の講座や船舶などの免許取得のサポートをしている分、本格的な仕事ぶりが伺えます。

また、社員の健康管理も余念がありません。特に海外への輸送となれば、帰国まで長期間要します。帰国後にはまとまった休暇取得を推進しており、仕事でのパフォーマンス向上に繋げています。

経験は大きな武器になる

輸送の仕事を通じて、輸送時の精密機械の扱い方や取引先企業との接客をする機会を得られます。新亜光学工業株式会社は製造や開発に余念がない会社ですが、輸送業務での経験は活かせることが多いです。今よりも耐性に強い機器づくりを目指せる以外に、賢く仕事をする人なら海外企業が行う仕事の進め方について情報収集ができます。この経験は、様々な仕事をするうえでプラスの効果を得られるでしょう。

また、納期に合わせてお客さんに届けることが必要です。これまでに新亜光学工業株式会社は納期通りに作業をしている分、信頼へと繋がっています。その他、輸送時に交通トラブルや海上の荒れが起こりかねませんが、各種想定したうえで仕事を進めている会社です。


この記事をシェアする

このページのトップへ