新亜光学工業株式会社が国内外で認められている理由とは?

>

どのような光学製品を製造しているのか?

特許を取得しているものは何か?

新亜光学工業株式会社はカメラの機能を安定させるための製品を複数特許取得しており、技術力の高さを確認できます。

光量調整装置なら、カメラの明るさを自動調整する働きがあります。調整機能が働くことで、昼間や夜間でも鮮明な被写体を写しだすことができます。また、利用者が操作や調整をする手間も省けるのも頼られている理由であり、余計な労力を軽減する働きがあります。

特許取得にあたり、精密機械に関する知識に詳しい社員のみが研究や開発をしていません。輸送や営業など様々な社員のアイデアが結集して、特許取得ができています。新製品の開発ができたり光学製品の市場の変化が出た時は、定期的に社内で勉強会を設けており、仕事をするうえでプラスの効果を発揮します。

特許取得は自分の身を護れる

特許を取得できれば技術の高さを国内外の企業に認められるのも1つのメリットです。しかし、他にも得られることがあるので確認しましょう。

特許発明を実施する権利を、自社での占有が可能です。例えば、新亜光学工業株式会社なら光量調整装置があります。この技術を自社で製品を作る際に他社にアイデアが盗られることなく使用が可能です。また、他の光学製品の製造や開発をする際にも応用したアイデアとしても活かせます。


競合他社で光学製品に関する研究をする所はあるようです。しかし、同じもの以外に類似した内容でも特許の取得は難しくなります。特許を持っていると相手を牽制する働きが見込めるため、余計な不安を抱かずに仕事をしやすくなります。なお、新亜光学工業株式会社は技術を高めるためにできる範囲で他社との情報交換をしています。


この記事をシェアする

このページのトップへ