新亜光学工業株式会社が国内外で認められている理由とは?

特許取得実績もある会社

新亜光学工業株式会社は、様々な光学製品を製造した実績があります。また、2014年と2015年には光量調整装置などの特許を取得しました。今でも特許取得に向けて社員一同で技術や知識を高め合っている会社です。

例えば、家屋や店舗などで設置をする監視カメラは防犯対策をするうえでプラスの効果を発揮します。TDNユニットという鮮明な被写体を写す精密機器も開発しています。昼間であれば日照りの量を調整することにより、被写体をぼやけるリスクを下げます。夜間なら暗所でも鮮明に映し出す働きをしてくれます。

シャッターユニットという、ミラーを駆動させてシャッターの動作に繋げる部品の製造もしています。デジカメやスマホなどでカメラ撮影をする際、シャッターを切ってから駆動が遅れてしまうと、被写体とのズレが生じかねません。その分、思うような画像を残しにくくなります。新亜光学工業株式会社の製品なら、シャッターを切るのとほぼ同時に被写体を残す働きがあるようです。その分、出来上がりのズレが生じるリスクが下がります。

また、新亜光学工業株式会社の社員は仕事に妥協をしません。各種光学製品の運搬時やカメラの使用中でも、衝撃や経年劣化などの理由で不具合が生じかねません。各種トラブルを想定したシミュレーションを万全にしている分、長く使用をしやすいと評価されています。国内以外に海外の企業とも取引先が多くあるのも、世界レベルでの信頼の高さが伺えます。社員もそれに応えるために、時間を見つけて外国の語学を磨いたり文化についても学んでいます。

このページのトップへ